DMP DIGITAL MEDIA PROFESSIONALS

DIGITAL MEDIA PROFESSIONALS INC. | Visualize The Future

ENGLISH
お問い合わせ

ブログ

ブログ

2022-03-23

  • SEMINAR / EXHIBITION

2022国際ロボット展(iREX2022)デモ / Demonstrations at International Robot Exhibition 2022 (iREX2022)

2022国際ロボット展(iREX2022)デモ / Demonstrations at International Robot Exhibition 2022 (iREX2022)

DMPは、「2022国際ロボット展(iREX2022)」(東京ビッグサイト、2022年3月9日~12日)において、業務提携先のヤマハ発動機の展示ブースで、UMS(ドローン)とカメラによるリアルタイムAI認識デモ、協働ロボットの周囲監視を目的としたデジタル安全柵のリアルタイムデモ及び単眼AIカメラの静態展示を行いました。

ドローンとカメラによるリアルタイムAI認識デモ
DMPは、カメラを活用したAI画像認識の技術を保有していますが、今回ドローンのカメラでリアルタイムに人流解析を行い、人混みの中でご来場されているお客様の間隔が50cm以内で15分以上続くとソーシャルディスタンスを注意喚起、またご来場のお客様が手をふるとジェスチャー認識し、ヤマハ発動機の10秒動画を流すデモを行いました。以下2つの写真はドローンから会場を撮影したものです。図1は、特定人物を解析中のもの、図2はGAN(敵対的生成ネットワーク)技術を活用して画像加工を行ったものです。本AI認識モデルは、ドローンだけでなく、セキュリティカメラを活用したジェスチャー、人数カウント、ソーシャルディスタンスの解析などにも応用可能です。

図1: ドローンから撮影した映像 – 特定人物を解析中 / Figure1: Image taken from a drone – Specific person is being analyzed.
図2: ドローンから撮影した映像 – GAN技術を活用して様々な画像に加工(ゴッホ風等) / Figure2: Image take from a dron – Processed into various images using GAN technology(Van Gogh style, etc.)

デジタル安全柵デモ
協働ロボットの周囲監視ソリューションとして、AIカメラによるデジタル安全柵のリアルタイムデモを展示しました。ヤマハ発動機が参考出展していたタフネスロボットアームの囲いの上部に一定エリアを常時監視するカメラを設置し、例えば人の手がそのエリアに入るとロボットアームが自動停止します。動作している協働ロボットが人にぶつかると重大な事故につながるため、カメラとAI画像認識技術を組み合わせたデジタル安全柵が、ロボットが安全に作業を行うことを助けます。従来は物理的な安全柵を設置したり、LiDARのようなセンサーを活用したりして安全性を確保していましたが、カメラを活用することによって安価に安全対策を取ることが可能となります。DMPは、デジタル安全柵を、ロボットアームのビジョンシステムであるCambrian(DMP取扱品)と組み合わせてお客様に紹介したり、ロボットシステムを取り扱っている商社にユニバーサルロボット等のロボットアームのオプション製品として紹介したりすることで、積極的にプロモーションしてまいります。

図3: タフネスロボットアームのブース – ブースの上部にAIカメラを設置してデジタル安全柵を実現 / Figure3: Toughness Robot Arm Booth – A digital safety fence is realized by installing an AI camera at the top of the booth.
図4: デジタル安全柵内で人の手を検出したAIカメラ画像 – ロボットアームは自動的に停止 / Figure4: Image of the AI camera that detected a human hand inside the digital safety fence – The detection automatically stopped the robotic arm.

DMP demonstrated in the booth of Yamaha Motor, a business partner, at the “International Robot Exhibition 2022 (iREX2022)” (Tokyo Big Sight, March 9-12, 2022): real-time AI recognition using a UMS (drone) and a camera, a digital safety fence monitoring the perimeter of collaborative robots in real time, a static display of a monocular AI camera.

Real-time AI recognition demonstration with drone and camera
DMP’s proprietary AI image recognition technology using cameras analyzed human flow in real time from the drone’s camera, and alerted visitors for social distancing if the distance between visitors was within 50 cm for more than 15 minutes. It also recognized the gesture of visitors waving their hands and played a 10-second video of Yamaha Motor. The following two photos show images of the venue taken from a drone; figure 1 shows a specific person being analyzed, and figure 2 shows a processed image by using GAN (Generative Adversarial Network) technology. This AI recognition model can be applied not only to drones, but also to security cameras for analyzing gestures, headcount, and social distance.

Digital safety fence demonstration
DMP exhibited a real-time demonstration of a digital safety fence using an AI camera as a solution for monitoring the perimeter of collaborative robots. A camera that constantly monitors a certain area is installed above the Toughness Robot Arm that Yamaha Motor exhibited as a reference, and if, for example, a human hand enters the area, the robot arm shall automatically stop. Since a serious accident can occur when an operating collaborative robot bumps into a person, a digital safety fence that combines a camera and AI image recognition technology helps a robot perform its tasks safely. Conventionally, safety has been ensured by installing physical safety fences or utilizing sensors such as LiDAR, but by utilizing cameras, it can be ensured in an inexpensive way. DMP will actively promote the digital safety fences by introducing them to customers in combination with Cambrian products (handled by DMP), which are vision systems for robot arms, and by introducing them as optional products for robot arms such as Universal Robots to trading companies that handle robot systems.

ブログ一覧に戻る
Topへ戻る

DMP公式
ソーシャルメディアアカウント