(株)ディジタルメディアプロフェッショナル

お知らせ・リリース

お知らせ・リリース / 新着記事

  • 2018年04月25日
    AIプロセッサー「ZIA™DV500」の提供を開始

    ~ 産業機器や車載機器のエッジAIの実用化を加速 ~

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山本達夫、以下 DMP)は、エッジ(*1)側におけるディープラーニング(*2)/AI(Artificial Intelligence:人工知能)の推論処理に特化したAIプロセッサーIP製品「ZIA™(ジア) DV500」の提供を開始したことをお知らせします。

    DV500は、ディープラーニングの推論処理に特化した、DMPエッジAI処理向け超低消費電力プロセッサーIP「ZIA™DV700」に続きDVプロセッサーIPシリーズの第二弾となる製品です。

    DV500は、DV700と同じくFP16(16ビット浮動小数点演算)をサポートしながら、産業機器や自動車運転支援システムでよく使われる、シーン理解や物体認識機能に最適化しています。これにより高い処理性能を維持しながら、プロセッサーサイズはDV700比で約1/2とコンパクト化しています。FP16を使用することで精度を落とさずに物体認識などの推論処理を行うことができ、さらにプロセッサーサイズをコンパクト化することで、LSIに限らず産業機器や車載機器用途で顧客より要望の強い低価格FPGA(Intel社CycloneⅤシリーズやXilinx社Zynq7000シリーズ、その他)への実装が可能になります。これにより、これまで難しかった低コスト、高性能、かつ筐体を含めた低消費電力設計を可能にしたエッジAIシステムを実現する事が可能になります。

    ◆ 「ZIA™ DV500」の特長・機能概要

    • SSD等の物体検出のアルゴリズム(*3)およびSegNet等のセマンティックセグメンテーションのアルゴリズム(*4)に最適化
    • コンパクトなプロセッサーサイズ:DV700比でプロセッサーサイズを約50%削減
    • AIプロセッサー内部の制御プロセッサーとして命令効率の高い32bit RISC-Ⅴを搭載
    • FP16精度の浮動小数点演算を標準サポート

    ◆ ZIA™ DV500による物体検出の例

    例1: 車(Car)、バイク(Motorbike)、自転車に乗っている人(human)を認識
    車(Car)、バイク(Motorbike)、自転車に乗っている人(human)を認識

    例2: 車(Car)、交差点の人(human)を認識
    車(Car)、交差点の人(human)を認識

    例3: 比較的照度が低い中、バス(bus)、車(Car)を認識
    比較的照度が低い中、バス(bus)、車(Car)を認識

    ◆ 製品提供時期
    本日2018年4月25日

    ◆想定デバイス・アプリケーション
    デバイス: FPGA(Intel社CycloneⅤシリーズ、Xilinx社Zynq7000シリーズ、他)およびLSI(ASIC、ASSP)
    アプリケーション: FA機器、防犯カメラ、メディカル、車、ロボット、ドローン、白物家電

    ※ 用語

    *1. エッジ
    ネットワークのエッジ、末端に存在する機器

    *2. ディープラーニング
    「ディープラーニング」はAI技術の中の機械学習の一種。音声や画像からなる膨大なデータから「自動的に」特定の色や形といった特徴量を抽出する点でその威力を発揮します。

    *3. 物体検出のアルゴリズム
    ディープラーニングを利用した物体検出のアルゴリズムの一例としてSSD(Single Shot Multi Box Detector)があり、車や人物や障害物などを検出します。

    *4. セマンティックセグメンテーションのアルゴリズム
    ディープラーニングを利用した画素単位でラベリングするアルゴリズムの一例として、SegNet(ケンブリッジ大学が開発したA Deep Convolutional Encoder-Decoder Architecture)があります。

    【株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルについて】
    DMPは、2002年7月の創業以来、ビジュアル・コンピューティング分野で世界的なリーディングカンパニーになることを目指して、組込機器向けの高性能且つ小型GPU及びAI技術の研究開発を続けています。世界初や世界最小といった他社には真似のできないビジュアル・コンピューティング製品を次々と世に送り出し、ゲーム機やカメラといった民生製品や自動車、OA機器、産業機器、ヘルスケア製品などあらゆる分野に貢献を続けてまいります。

    会社名株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル
    本社〒164-0001 東京都中野区中野四丁目10番2号 中野セントラルパークサウス16階
    TEL03-6454-0450 (代表)
    FAX03-6454-0449
    設立2002年7月10日
    資本金10億1640万円 (2018年3月末日現在)
    事業内容GPUおよびAIに関する製品開発および販売
    ホームページhttp://www.dmprof.com/jp/

    ■ 本件に関するお問い合わせ先
    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル
    営業・マーケティング担当: 梅田宗敬 / IR担当: 伊藤宏幸
    TEL:03-6454-0450
    e-mail:info_06@dmprof.com
    Webサイト: http://www.dmprof.com/jp/contact/

PAGE TOP