(株)ディジタルメディアプロフェッショナル

導入事例

導入事例 / 新着導入事例

  • 2013年04月08日
    富士フイルム様のデジタルカメラにDMPのグラフィックスIPコアが採用

    DMPは富士フイルム株式会社 (以下、富士フイルム様) のデジタルカメラにDMPのグラフィックスIPコア「SMAPH®-H」が採用されていることをご案内します。

    ■ DMPグラフィックスIPコア搭載カメラ

    DMP GPUを搭載頂いております製品は、X100S、X20、F900EXR、F820EXR、Z2000EXR、HS50EXR、の6製品となります。

    ■ SMAPH®-Hについて

    SMAPH®-Hは、モバイル機器、デジタル家電、車載機器などに搭載される高性能かつ高品位のUI (ユーザー・インターフェース) アプリケーション向けに機能を最適化した、OpenVG™ 1.1およびOpenGL® ES 対応のハイブリッドIPコアです。 OpenVG™ 1.1、OpenGL® ES それぞれの単体IPコアの描画性能を維持した上で共通するコンポーネントを共有化することにより、回路規模と消費電力の低減を実現しております。高解像度でも画像劣化しないベクターグラフィックスのメリットと、視点の自由なコントロールや奥行きを利用した圧倒的なビジュアル演出が可能な3Dグラフィックスのメリットを併せ持つ、業界初のモバイル・コンシューマ向けソリューションです。

    なお、本製品は、5月8日 ~ 10日に東京ビッグサイトで開催される「第16回組込みシステム開発技術展」のDMPブース (ブース位置:西9-11) で展示されます。

PAGE TOP