採用情報 > 社員インタビュー

2018年04月入社 AIエンジニア(新卒入社)

header image

DMPではどのような業務を担当していますか?

ハードウエアチームが開発したAIアクセラレータのためのソフトウエアの開発や、お客様サポートをしています。
また、高位合成を使ってRTLより短期間でハードウエアを実装する取り組みも行っています。

DMPを知ったきっかけと入社した理由を教えてください!

僕は大学院で高機能計算(HPC)の分野でスーパーコンピューターやGPUなどのハードウエアアーキテクチャを意識したプログラミングを勉強していました。
卒業後にもハードウエア寄りのソフトウエア開発をしたいと考えていた頃に、研究室にいた社会人博士の方にDMPを薦められたのが会社を知ったきっかけです。
GPUの会社であり、HPCでも研究開発が旺盛な分野だった深層学習にも取り組んでいることに興味を持ち選考に参加しました。

最終的にいくつかあった候補のうち、「少人数の会社だし、理不尽な異動もないだろう」という理由で入社を決意しました。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

新しいソフトウエアコンポーネントを設計したり、ハードウエアの機能をうまく利用するようなコードを考えるのは楽しいです。また技術だけではなく、ビジネスサイドの視点も要求されるのでより視野が広まり興味深いです。

そうした結果、"自分の成果が価値を作る"ことを実感した時が一番気持ちよかったです。

DMPのここが気に入っている!

仕事がやりやすいことです。
働き方や仕事の進め方について各個人にかなりの裁量が与えられていることで、他部門ともスムーズに協力し合えるためストレスなく早く動くことができます。

また、年齢や役職などに囚われない環境なので議論が活発になる点も気に入っています。特に年齢はほとんど気になりません。

おおまかな1日のスケジュールを教えてください!

10時頃に出社し、前日の日報を確認して1日のスケジュールを決めます。
この間はニューラルネットワークの学習とソフトウエアフレームワーク開発について、オンラインチャットで海外エンジニアとやり取りをしながら仕事を進めました。

自分で決めているのは12時、15時、18時と食事をとり、13時30分に昼寝時間を作ることです。これは欠かせないですね。

大体19時頃に退社することが多いですが、繁忙期や興が乗っている時は遅くまで仕事をしていることがあります。逆に調子が良くない日は早めに帰宅しています。

最後にDMPに興味のある方にメッセージをお願いします!

コミュニケーションがとりやすく、ビジネスにつながる提案などは採用されやすいです。機械学習や画像処理などでやってみたいことがある方にはおすすめの会社です。

技術的には画像処理や深層学習だけでなく、ハードウエアなどに触れる機会も多くあるので、IoTなどのデバイスに興味がある方にも合っていると思います。

私は就活中にとある企業の方から「入社して一度は地獄をくぐれ」と言われました。
DMPが"地獄"になるかはわかりませんが、皆様が自身を大きく成長させてくれる"地獄"を経験できる会社に出会えるようお祈りしております。

expand_less