(株)ディジタルメディアプロフェッショナル

お知らせ・リリース

お知らせ・リリース / 新着記事

  • 2016年5月17日
    DMPが豊通エレクトロニクスと IPSL(Image Processing Shader Library)を共同開発

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP)は、GPUによる画像処理ソリューションとして、IPSL(Image Processing Shader Library)を、株式会社豊通エレクトロニクス(本社:名古屋市、代表取締役社長 青木 厚、以下豊通エレクトロニクス)と共同で開発したことをお知らせします。 IPSLは、従来、専用LSI(ASIC)等を活用して実現していた画像処理を、汎用マイコンのGPUで高速に処理させるミドルウエアライブラリです。お客様は、IPSLを活用す...

    詳しくはこちら
  • 2016年1月12日
    DMPの2DベクターグラフィックスIPコア「SMAPH®-F」が ルネサスのOA機器向けLSIに採用

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP)は、グラフィックスIPコア「SMAPH®-F」が、ルネサスエレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、東証1部: 証券コード6723、代表取締役会長兼CEO 鶴丸哲哉)のOA機器向けLSIに採用されたことを発表します。 DMPのSMAPH®-Fは、グラフィックスAPIの仕様策定を行うKhronos™グループが規格化した2Dベクターグラフィックス「OpenVG™1.1」をサポートしたIPコアです。シリコンサ...

    詳しくはこちら
  • 2015年8月19日
    DMPの研究テーマがNEDOのクリーンデバイス社会実装推進事業に採択

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP) は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (以下NEDO) が公募を行った平成27年度クリーンデバイス社会実装推進事業において、「次世代画像認識・画像処理技術プラットフォームの研究開発」を提案し、採択されましたことをお知らせします。 DMPは、これまで組込機器向けのGPU分野において、独自の技術「MAESTRO™」とKhronos™グループが定める標準APIに準拠したGPU...

    詳しくはこちら
  • 2014年10月14日
    任天堂株式会社の携帯型ゲーム機「Newニンテンドー3DS™」にDMPのGPUコアが採用

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP) は、任天堂株式会社の「Newニンテンドー3DS™」に、当社独自技術「MAESTRO™」をベースとしたGPUコアが採用されていることを発表致します。 これまで、当社は「ニンテンドー3DS™」と「ニンテンドー2DS™」向けに、3Dグラフィックス対応のGPUコアを提供して参りました。今回それに加えて、「Newニンテンドー3DS™」にも当社の3Dグラフィックス対応のGPUコアが搭載さ...

    詳しくはこちら
  • 2014年9月19日
    【掲載報告】DMP Computer Visionセミナー2014

    先日8/29に当社主催で開催しました「DMP Computer Visionセミナー2014」の内容が、EETimes Japanで「目を超えたイメージセンサー、人間と同じ物体認識ができるステレオカメラ……”コンピュータビジョン”の可能性」という見出しの記事として紹介いただきました。 掲載記事はこちら: http://eetimes.jp/ee/articles/1409/19/news021.html

    詳しくはこちら
  • 2014年9月19日
    CogniVue社製の コンピュータビジョン用画像処理LSI CV220xの取扱いを開始

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP)は、CogniVue Corporation (本社:カナダ オンタリオ州オタワ、CEO Simon Morris、以下CogniVue社)のコンピュータビジョン用画像処理LSI CV220xの取扱いを開始したことを発表致します。 先進運転支援システム(Advanced Driver Assistance System:ADAS)など一部のアプリケーションで画像認識などのコンピュータビジョン技術が市場に浸透していくに連れ、その他の様々なアプリケーションおいても...

    詳しくはこちら
  • 2014年7月31日
    世界最小UI Drawing Engineの開発

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP) は、GPUとして世界最小サイズ (0.5mmx0.5mm (*1)) のUI Drawing Engine IPコア「製品名:ant」を開発しました。 現在主要なスマートフォンに搭載されているGPUと比較した場合面積比で1/20 (*2) を実現しながら、今後ウェアラブル機器等で求められる高度なGPUグラフィックス機能を搭載しています。なお、当製品は2014年8月29日(金)に開催する当社主催のComputerVisionセミナー2014にて技術紹介を...

    詳しくはこちら
  • 2014年6月9日
    AlteraがDMPをAltera Design Service Networkのメンバーに認定

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP) は、米国Altera Corporation (本社: 米国サンノゼ、CEO ジョン・デイナ、以下Altera社)のDesign Service Network (以下、DSN) パートナーのメンバーに認定されたことを発表します。 今回Altera社は、3D/2Dグラフィックス描画およびコンピューティング用途のGPU IPコア・設計サービスで実績のあるDMPを、日本でのビジュアル・コンピューティング関連のプロジェクトの開発パートナーに最適と判...

    詳しくはこちら
  • 2014年6月5日
    CogniVue社がAPEXパートナープログラムを発表

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP) は、DMPが日本及び台湾の販売総代理店として取り扱っているカナダCogniVue Corporation (本社:カナダ オンタリオ州オタワ、CEO Simon Morris、以下CogniVue社) がAPEXパートナープログラムを発表し、DMPがAPEXパートナーの1社として認定されたことを発表します。 カメラで撮影された画像情報をリアルタイムで処理し、様々な付加価値をそこに加えるコンピュータービジョンは、現在、車載機器を...

    詳しくはこちら
  • 2014年5月12日
    DMPとヤマハ、画像表示用LSI製品に関して業務提携

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP) は、ヤマハ株式会社 (本社:静岡県浜松市、東証一部: 証券コード7951、代表取締役社長:中田 卓也、以下ヤマハ) と、画像表示用LSI製品の開発・販売の業務提携に関し覚書を締結しましたので、お知らせします。 DMPは、携帯ゲーム機、デジタルカメラ、プリンターといったコンシューマエレクトロニクス製品向けのLSI製品に3D/2Dグラフィックス描画およびコンピューティング用途のGPU IPコア技術...

    詳しくはこちら
  • 2014年4月7日
    DMPが画像認識プロセッサIP「APEX ICP」の販売エリアを台湾に拡大

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP) は、昨年12月より日本国内で販売を開始しているカナダCogniVue Corporation (本社:カナダ オンタリオ州オタワ、CEO Simon Morris) のComputerVision向けIP 「APEX Image Cognition Processor(以下、APEX ICP)」の独占販売対象エリアに台湾を加えたことを発表します。 これにより、日本国内だけでなく、モバイル、自動車、民生機器などの分野で多くの有力な半導体メーカやセットメーカが存在...

    詳しくはこちら
  • 2014年3月4日
    ホームページリニューアルのお知らせ

    いつも当社のホームページをご訪問頂き誠にありがとうございます。この度、当社ホームページをリニューアル致しました。 お客様により快適にホームページを閲覧して頂けるよう、情報を整理するとともに分かりやすく見やすいレイアウトに致しました。また、新たに「導入事例」、「技術ブログ」を設けるなど、コンテンツを拡充させました。 今後、各コンテンツを随時更新していきますので、引き続きよろしくお願い致します。

    詳しくはこちら
  • 2013年12月9日
    カナダCogniVue社とComputerVision向けIPの総代理店契約を締結

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP) は、カナダCogniVue Corporation (本社:カナダ オンタリオ州オタワ、CEO Simon Morris) と、日本国内における独占販売代理店契約を締結し、CogniVue社のComputerVision向けIP「APEX Image Cognition Processing (以下、APEX ICP)」の販売及び技術サポートの提供を開始することを発表します。 CogniVue社APEX ICPは、ComputerVision向けの画像処理に特化したプログラマブルIPコアです。CogniV...

    詳しくはこちら
  • 2013年4月23日
    ルネサス エレクトロニクスがDMPの3DグラフィックスIPコア「SMAPH®-S」を採用

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役社長CEO山本達夫、以下DMP) は、ルネサス エレクトロニクス株式会社 (本社:東京都千代田区、東証1部:証券コード6723、代表取締役社長鶴丸 哲哉) のSoCにDMPの3DグラフィックスIPコア「SMAPH®-S」が採用されたことを発表しました。 SMAPH®-Sは、DMPの高度な技術力により、最小エリアサイズで、高いグラフィックス性能と低消費電力の両立を実現し、最新版のグラフィックス標準規格OpenGL® ES 3.0に対応し...

    詳しくはこちら
  • 2013年4月8日
    富士フイルム様のデジタルカメラにDMPのグラフィックスIPコアが採用

    DMPは富士フイルム株式会社 (以下、富士フイルム様) のデジタルカメラにDMPのグラフィックスIPコア「SMAPH®-H」が採用されていることをご案内します。 ■ DMPグラフィックスIPコア搭載カメラ DMP GPUを搭載頂いております製品は、X100S、X20、F900EXR、F820EXR、Z2000EXR、HS50EXR、の6製品となります。 ■ SMAPH®-Hについて SMAPH®-Hは、モバイル機器、デジタル家電、車載機器などに搭載される高性能かつ高品位のUI (ユーザー・インターフェース) アプリケーション向けに機能を最適化した、OpenVG™ 1.1および...

    詳しくはこちら
  • 2013年2月19日
    移転のご案内

    拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、このたび当社は下記のとおり本店を移転することとなりましたのでご案内申し上げます。今後とも引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。 敬具 2013年2月吉日 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル 代表取締役社長兼CEO 山本 達夫 所在地 〒164-0001東京都中野区中野四丁目10番2号 中野セントラルパークサウス16階 TEL 03-6454-0450 (代表) FAX 03-6454-0449 最寄駅 JR中央...

    詳しくはこちら
  • 2012年10月31日
    DMPがHSA Foundationに参画。コンピュータビジョン、イメージプロセッシング、3Dグラフィックスやコモンコンピュート等の専門的技術で寄与

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都武蔵野市、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役社長C.E.O. 山本達夫、以下DMP) は、Heterogeneous System Architecture Foundation(以下、HSA)への参画を発表しました。 HSAはCPU、およびGPUのコンピューティング環境の共通化のための標準的なアーキテクチャとインターフェイス構築を推進し、次世代コンピューティングプラットフォームにおいて効率的なハードウェアによる性能向上および消費電力低減を目指しています。 HSAに参画することにより、DMPはモバイ...

    詳しくはこちら
  • 2012年8月7日
    DMPがSMAPH®®-SのOpenGL™ ES 3.0準拠を発表

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都武蔵野市、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役社長C.E.O. 山本達夫、以下DMP) は、スケーラブルなシェーダベースのグラフィックスIPコアSMAPH®-Sがクロノス・グループからリリースされた最新のOpenGL® ES 3.0APIに対応したことを発表しました。 8月6日にクロノス・グループは携帯端末向けの3Dグラフィックスを次世代のレベルへ進化させるOpenGL® ES3.0の仕様をリリースしました。OpenGL® ES3.0は、OpenGL® ES2.0に対する重要な機能強化と下...

    詳しくはこちら
  • 2012年6月5日
    DMPがグラフィックスコアやメディアアクセラレータを搭載した高性能SoCを短期間・低コストで実現する新製品Loputo Platform IPシリーズを発表

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都武蔵野市、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役C.E.O. 山本達夫、以下DMP) は、最適化されたシステムレベルパフォーマンスと省電力実装を実現する新製品「Loputo Platform IPシリーズ」を発表しました。 近年、グラフィックスIPコアやメディアアクセラレータを搭載したSoC設計の課題として、複雑化するCPU、GPU、メモリーサブシステムを含めたシステム全体の性能最適化の難しさが挙げられます。DMPはこの課題を解決する新製品「Loputo IPシリーズ」の下記2製品を...

    詳しくはこちら
  • 2012年6月4日
    DMPとIIIが台北で調印式を行いました

    DMPは6月4日台北にて、Institute for Information Industry (以下III) とDMPのグラフィックスコアの台湾・中国のSoC顧客への販売、及びSoC開発とグラフィックスソフトウエア開発に関連した各種サービスの提供を発表し、調印式を行いました。 DMPは、昨年11月の米国子会社の設立により本格的に開始したグローバル戦略を、本連携により中国・台湾を中心とするアジア市場に拡大すると同時に、グローバル展開に必要不可欠な海外での顧客サポート能力を拡充します。

    詳しくはこちら
  • 2012年6月4日
    DMPがIIIと台湾・中国向けグラフィックスコアの販売で連携

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都武蔵野市、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役C.E.O. 山本達夫、以下DMP) は、Institute for Information Industry(所在:台湾台北市、董事長 史欽泰、以下III)とDMPのグラフィックスコアの台湾・中国のSoC顧客への販売、及びSoC開発とグラフィックスソフトウェア開発に関連した各種サービスの提供で提携することを発表しました。 IIIは台湾の情報産業の開発力強化を目的に、1979年に台湾政府と台湾の大手企業の共同出資により設立された非政府系組織です。 ...

    詳しくはこちら
  • 2012年5月17日
    DMPがSMAPH®-Sシリーズにマルチコア構成およびコンピューティングに対応した新しいOpenGL™ ES 2.0ハイエンドIPコアを発表

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都武蔵野市、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役C.E.O. 山本達夫、以下DMP) は、プログラマブルシェーダ機能を搭載した最先端の2D/3DグラフィックスIPコアSMAPH®-Sシリーズの大幅な拡充およびOpenGL® ES 2.0に対応したSMAPH®-H2を発表しました。 ・業界最高レベルのグラフィックスレンダリングとコンピューティングを実現する、マルチコア構成に対応したOpenGL® ES 2.0対応ハイエンドIPコア ・世界最小サイズOpenGL® ES 2.0対応IPコア、SMA...

    詳しくはこちら
  • 2012年5月7日
    ILC、ダイナコムウェア、DMPの3社が組込み機器向けUIソリューションを共同開発

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都武蔵野市、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役C.E.O. 山本達夫、以下DMP) は、DMPのグラフィックスIPコア「SMAPH®Rシリーズ」、株式会社 アイ・エル・シー (以下ILC) のGUI統合開発環境「GENWARER4」およびダイナコムウェア株式会社 (以下ダイナコムウェア) の組込み用スケーラブルフォント「DigiTypeフォント」を利用した組込み機器向けベクターグラフィックスUIソリューションが3社共同で開発されたと発表しました。 本共同開発最初の成果は、2012年5月9日...

    詳しくはこちら
  • 2012年4月24日
    Linely Tech Mobile Conference 2012に参加しました

    DMP USAの営業担当副社長兼ゼネラルマネージャーPetri Talalaが、組込み用グラフィックスIPコア製品の選定基準について、特に品質面にフォーカスして講演を行いました。 The Linley Tech Mobile Conference はアメリカの半導体関連産業の調査会社である、リンレイグループ社主催の会議であり、タブレット端末やスマートフォン、ナビゲーション端末、メディアプレーヤー、携帯ゲーム機や、電子書籍等のモバイルデバイスのシステムデザイン界のリーダーから詳細な情報を発信するイベントです。 日時: 2012年4月16日 (月) ~ 17日 ...

    詳しくはこちら
  • 2012年3月6日
    Atrenta社がDMPグラフィックスIPのTSMC9000参加認定について発表

    Atrenta社は3月5日、ディジタルメディアプロフェッショナルを含む10社が、AtrentaとTSMC社のIP品質包括評価基準TSMC9000を使用したTSMCソフトIPアライアンスプラグラムに参加認定されたことを発表しました。 DMPでは、このリリースにコメントを寄せています。 山本達夫代表取締役CEO 「業界標準のOpenGL® ES及びDMP独自のMAESTRO™拡張機能をベースにした我々の最先端のグラフィックスIPテクノロジーのサポートに、TSMCの優れた半導体プロセステクノロジーとAtrentaの包括的評価指標を活用しています。 DMPはこの評価...

    詳しくはこちら
  • 2011年11月9日
    エイチアイとDMP、デジタルカメラ向けUIデモを共同開発

    株式会社エイチアイ (本社:目黒区東山、JASDAQ:証券コード3846、代表取締役社長:川端一生、以下、エイチアイ) と株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社:武蔵野市中町、東証マザーズ:証券コード3652、代表取締役社長兼C.E.O.山本達夫、以下、DMP) は、DMPのベクターグラフィックスIPコア「SMAPH®-F (スマフF)」と、エイチアイのユーザーインターフェース (UI) 開発ソリューション「マスコットカプセル UIフレームワーク (MascotCapsule® UI Framework、以下、UIフレームワーク)」を利用したデジタルカメラ向...

    詳しくはこちら
  • 2011年10月11日
    DMPがTSMCのソフトIPアライアンスに参加

    2D/3DグラフィックスIPのリーディングプロバイダーの株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社:東京都武蔵野市、東証マザーズ:証券コード3652、代表取締役社長兼C.E.O. 山本達夫、以下DMP) は、本日TSMC (TWSE: 2330、NYSE:TSM) のソフトIP アライアンスプログラムへの参加を発表しました。このプログラムを通じて世界中のビジネス市場に最先端かつ高品質グラフィックスIPコアの提供が可能になります。 DMP代表取締役社長兼CEO 山本達夫のコメント: 「ソフトIP アライアンスに日本からの最初のメンバーとして参加し、TS...

    詳しくはこちら
  • 2011年8月2日
    ザイリンクスとDMPがFPGAによる次世代3D/2Dグラフィックスシステムの設計を加速

    ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) の日本法人であるザイリンクス株式会社 (東京都品川区、代表取締役社長 サム ローガン) は、ザイリンクスアライアンスプログラムのメンバーである株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社 : 東京都武蔵野市、東証マザーズ : 証券コード 3652、代表取締役社長兼 C.E.O. 山本 達夫、以下 DMP) が、ザイリンクスのVirtexR-6ファミリFPGAを搭載した3D/2Dグラフィックスシステム開発に最適なFPGA開発評価ボードとDMP社の採用実績の多い3D/2Dグラフィック...

    詳しくはこちら
  • 2011年6月23日
    上場のご挨拶

    拝啓 時下ますますご清祥のことと拝察申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、このたび当社は、株式会社東京証券取引所よりご承認をいただき、本日平成23年6月23日、東京証券取引所マザーズ市場へ上場いたしました。これもひとえに、皆様のご支援、ご高配の賜物と深く感謝申し上げます。 これを機に、役員はじめ社員一同決意を新たに、上場企業としての社会的責任を自覚し、より一層社業の発展に努め、皆様のご信頼にお応えすべく、努力を重ねてまいる所存であります。 ここに謹んでご挨拶申し...

    詳しくはこちら
  • 2011年5月17日
    (株)ディジタルメディアプロフェッショナル著のOpenGL™ ES解説書がカットシステムから出版

    (株)ディジタルメディアプロフェッショナル著の3Dグラフィックスプログラマ向けOpenGL® ES解説書2冊がカットシステムから出版されました。本解説書は、有名書店、ネット書店等で購入可能です。 OpenGL® ESによる3Dグラフィックスプログラミング入門 ~固定機能パイプライン~ (3月24日発売) (株)ディジタルメディアプロフェッショナル 桐井敬祐、寺西忠勝 共著 定価5,670円 (税込み) OpenGL® ES 2.0のための GLES/GLSL ESプログラミング入門 ~プログラマブルシェーダと3Dグラフィックスの理論・応用~ (4月22...

    詳しくはこちら
PAGE TOP