(株)ディジタルメディアプロフェッショナル

お知らせ・リリース

お知らせ・リリース / 新着記事

  • 2020年4月1日
    ベトナム子会社の設立、事業開始に関するお知らせ

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役社長CEO 山本達夫、以下DMP)は、このたびベトナム ホーチミン市にエンジニアリングサービスを行う子会社を設立し、事業を開始したことをお知らせいたします。 1. 子会社設立の目的 ベトナムの良質な人材を活用し、DMPのAI事業の拡大を加速させるとともに、ベトナムにおけるAI関連市場の調査・開拓を企図して、子会社を設立しました。 2. 子会社概要 社名 Digital Media Professionals Vietnam Company Limited 所...

    詳しくはこちら
  • 2020年3月12日
    DMP BLOGを開設しました

    当社のサイバーAIディビジョンチームのテックブログ「CyberAILab」を引き継ぐ形で、テクノロジーだけでなく、当社からのお知らせや当社内外の出来事など、当社にまつわる様々な情報をお伝えするDMP BLOGを開設しました。 URL: https://blog.dmprof.com/

    詳しくはこちら
  • 2020年3月4日
    新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対応について

    当社は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、従業員および関係者各位の安全を最優先とし、感染リスクの軽減と安全の確保のため下記の対応策を実施しております。 ステークホルダーの皆様にはご不便をおかけすることもあるかと存じますが、ご理解いただけますよう、何卒お願い申し上げます。 記 時差通勤およびテレワーク(在宅勤務)の対象を全従業員に拡大し、実施を推奨 在社時の感染予防の徹底(従業員への消毒液や除菌シートの提供、マスク着用および手指の消毒の推奨等) 社内会議、朝礼等は原則としてウェブ会議で実...

    詳しくはこちら
  • 2020年2月25日
    DMPの画像処理プロセッサ「RS1」 新メダルゲーム機 「海物語 ラッキーマリンツアーズ」に採用

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役社長CEO 山本達夫、以下DMP)は、株式会社バンダイナムコアミューズメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:萩原仁、以下 バンダイナムコアミューズメント)の3月から稼働予定の新メダルゲーム機「海物語 ラッキーマリンツアーズ」にDMPが開発した画像処理プロセッサ「RS1」が採用されていることを発表します。 RS1は、2019年4月に株式会社バンダイナムコエンターテイメントより分社設立された遊技機関連事業を行う株式会社バンダイナムコセブンズ(本社...

    詳しくはこちら
  • 2020年1月27日
    1月27日発売の週刊エコノミスト2月4日号に当社社長の山本のインタビューが掲載されました

    1月27日発売の週刊エコノミスト2月4日号「AIチップで沸騰!半導体」の特集で、当社社長の山本のインタビューが掲載されました。ぜひご覧ください。 https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20200204/se1/00m/020/048000c

    詳しくはこちら
  • 2019年12月10日
    DMP、自動運転OSの業界標準を目指す国際業界団体「The Autoware Foundation」に参画

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役社長CEO 山本達夫、以下DMP)は、自動運転OSの業界標準を目指す国際業界団体「The Autoware Foundation」(オートウェア ファウンデーション、所在地:東京都文京区、代表理事:加藤真平、以下AWF)に参画することを発表します。 AWFは、株式会社ティアフォー、米Apex.AIおよび英Linaroの3社共同により設立され、Autowareにより自動運転技術の業界標準OS(オペレーティングシステム)の確立を目指す世界的な業界団体です。 Autowareは20か国200社以上...

    詳しくはこちら
  • 2019年11月20日
    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルは、経済産業省、NEDO、SIGNATEとともに第2回AIエッジコンテストを開催します

    ―エッジデバイスへのAI搭載の実現をサポート― 経済産業省、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下NEDO)、株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(以下DMP)、株式会社SIGNATE(以下SIGNATE)は、革新的なAIエッジコンピューティングの実現に向けて、優れた技術・人材・アイデアを発掘し、新たな人材の当該分野への参画を促すため、”第2回AIエッジコンテスト”を開催します。 本コンテストは、自動走行の実現に欠かせない画像認識を課題として、画像中の物体検出処理をFPGAに実装するこ...

    詳しくはこちら
  • 2019年11月8日
    DMP、安全運転支援システム開発向けプロフェッショナルサービスを本格化

    ドライブレコーダーを使ったドライバーモニタリング、ヒヤリハット検知、 あおり運転検知システムの実現に必要な機能を「ZIA™ SAFE」として体系化 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役社長CEO 山本達夫、以下DMP)は、AI画像認識ソフトウエアとして既に多くの実績がある「ZIA™ Classifier」をベースに安全運転分野向けに体系化したAIプラットフォーム「ZIA™ SAFE」を開発し、お客様のドライブレコーダーを利用した安全運転支援システム開発を支援するプロフェッショナル...

    詳しくはこちら
  • 2019年10月25日
    NEDO事業「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティング技術開発に係るアイデア発掘のための課題調査」に採択決定

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役社長CEO 山本達夫、以下DMP)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(本部所在地:川崎市幸区 理事長:石塚博昭 以下NEDO)の調査委託事業である「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティング技術開発に係るアイデア発掘のための課題調査(以下、本調査)」に採択されたことをご案内します。 AI等のコンピューティング技術分野において...

    詳しくはこちら
  • 2019年10月8日
    デンソーテンのドライブレコーダーを活用したヒヤリハット画像解析にDMPの画像認識エンジンZIA Classifierが採用される

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役社長CEO 山本達夫、以下DMP)は、株式会社デンソーテン(本社:神戸市兵庫区、代表取締役社長 加藤之啓、以下デンソーテン)が提供するドライブレコーダー「G500」「G500Lite」※の画像解析サービスにDMPの画像認識エンジン「ZIA Classifier」が採用され、ドライバーの走行中の車両データからヒヤリハット状態の検出を行うAI処理に活用されていることを発表します。 近年あおり運転の社会問題化などを受け、ドライブレコーダーの搭載率が年々増加していま...

    詳しくはこちら
  • 2019年10月1日
    株式会社コンピュータマインドと製品外観検査向け人工知能の生成から エッジAI実装までの統合環境で技術提携

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役社長CEO 山本達夫、以下DMP)と株式会社コンピュータマインド(本社: 山梨県甲府市、代表取締役 加藤吉一、以下CM)は、製品外観検査の省人化・自動化を支援するAI・ディープラーニングのソリューションを共同で構築することを目的に技術提携を進めていることを発表します。 製品外観検査は、業界を問わず製品の品質を維持・保証するために行われていますが、色ムラ・形状・傷などの外見検査や異物検査は目視検査に頼っているところが多いです。また、こ...

    詳しくはこちら
  • 2019年8月7日
    NEDO事業「AIチップ開発加速のための イノベーション推進事業」に採択決定

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役社長CEO 山本達夫、以下DMP)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(本部所在地:川崎市幸区 理事長:石塚博昭 以下NEDO)の課題設定型産業技術開発費助成事業である「AIチップ開発加速のためのイノベーション推進事業/【研究開発項目①】AIチップに関するアイディア実用化に向けた開発」において「癌コンパニオン診断用AI病理画像システム向けAIハードウェア研究開発(以下、本研究開発)」が採択されたことをご案内します。 検査機器...

    詳しくはこちら
  • 2019年7月30日
    ナンバープレート認識ソフトウエア「ZIA™ Plate」の販売開始のご案内

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役社長CEO 山本達夫、以下DMP)は、新しいZIA™シリーズのAIソフトウエアプラットフォーム「ZIA™ Analyze」の第1弾製品としてAI・ディープラーニング技術を活用した高精度に車両のナンバープレートを認識するソフトウエア「ZIA™ Plate」のライセンス提供を2019年7月30日より開始します。 「ZIA™ Plate」は、AI・ディープラーニング技術を活用し、OCR技術と比べて、1/100の低負荷且つ高い認識精度でナンバープレートの地名、分類番...

    詳しくはこちら
  • 2019年7月26日
    平井内閣府特命担当大臣が当社を視察訪問されました。

    2019年7月24日、平井情報通信技術(IT)政策担当 内閣府特命担当大臣(クールジャパン戦略、知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策)(以下、平井大臣)が当社を視察訪問されました。6月7日の平井大臣主催の第49回Pitch to the Minister懇談会(テーマ:「日本の強みを活かした、AIチップ・エッジコンピューティングが切り拓く未来」)に招へいされた際の、平井大臣の「今度DMPを訪問したい」、当社社長の山本の「是非お越しください」という会話が実現しました。弊社のAI重点取り組み分野である社会課題(人口減少、少子高齢化等)解決...

    詳しくはこちら
  • 2019年6月25日
    6月25日付日本経済新聞朝刊で自動運転関連企業として当社が紹介されました

    2019年6月25日付日本経済新聞朝刊11面「NEXT1000」で、自動運転に関連する企業として、当社が紹介されました。ぜひご覧ください。

    詳しくはこちら
  • 2019年6月24日
    ZIA™ C3 KIT Ver. 7.2リリースのご案内

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山本達夫、以下 DMP)は、昨年12月に提供を開始した「ZIA™ C3 KIT」の、最新のバージョン7.2をリリースすることをご案内します。 ZIA™ C3は、低消費電力かつ高性能なAI推論処理に特化したFPGA AIモジュールです。ファクトリーオートメーション、物流における自立ロボットや農機、建機といった産業車両の自動運転、防犯、小売り、発電、医療などでのリアルタイムなデータ解析といった幅広い分野において、エッジAIシステムを短期間...

    詳しくはこちら
  • 2019年6月10日
    当社社長の山本が平井内閣府特命担当大臣のPitch to the Ministerに招へいされました

    2019年6月7日、当社代表取締役社長CEO 山本達夫が、平井情報通信技術(IT)政策担当 内閣府特命担当大臣(クールジャパン戦略、知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策)開催の第49回Pitch to the Minister懇談会(テーマ:「日本の強みを活かした、AIチップ・エッジコンピューティングが切り拓く未来」)に招へいされました。半導体市場・半導体業界の動向と日本の立ち位置、また成長市場であるエッジAI分野において、日本の強みを活かした社会課題解決型アプリケーション(農業機械、ラストワンマイルビークル等)の自動運転向けAI半...

    詳しくはこちら
  • 2019年5月21日
    ZIA™ DV720 IPコア リリースのご案内

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP)は、本日よりDMPエッジAIプロセッサIPコア「ZIA™ DV700」の後継となる新型IPコア「ZIA™ DV720」を販売します。 新製品DV720はDV700と同様、ディープラーニングの推論処理に特化した低消費電力プロセッサIPで、画像、動画、音声などといったあらゆるデータに対する推論処理を可能にします。 DV720はDV700のディープラーニング専用演算器(MAC)を最適化することで、さらなる小型化と高性能化を実現しました。同時に...

    詳しくはこちら
  • 2019年5月20日
    トップメッセージを更新しました

    トップメッセージはこちら

    詳しくはこちら
  • 2019年5月17日
    国際規格「ISO9001」の認証取得のご案内

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役CEO 山本 達夫、以下DMP)は、品質マネジメントシステム(Quality Management System)の国際規格であるISO9001:2015の認証を取得したことをご案内します。 「ISO9001:2015」は、顧客満足向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現していくことを目的としています。 当社はこれまで品質基本方針を制定し、当社のAIおよびGPU製品・サービスの品質向上を推進して参りましたが、本認証取得によりそれらの製品開発プロセスが国際的なレベ...

    詳しくはこちら
  • 2019年5月16日
    DMP画像処理プロセッサ「RS1」が サミー、ユニバーサルエンターテインメント合弁会社ジーグの遊技機ユニット・部品に採用される

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役CEO 山本 達夫、以下DMP)は、株式会社ジーグ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:甘利 祐一、以下ZEEG)の、遊技機ユニット・部品にDMP画像処理プロセッサ「RS1」が採用されたことを発表します。 RS1を搭載した遊技機は2019年度中に日本全国のホールに導入が開始される予定です。 RS1は、株式会社バンダイナムコエンターテインメント(以下バンナム)とDMPが共同開発した画像処理プロセッサです。遊技機におけるバンナムのノウハウとDMPのグラフ...

    詳しくはこちら
  • 2019年4月10日
    ZIA™ C3 KIT Ver. 7.1リリースのご案内

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山本達夫、以下 DMP)は、昨年12月に提供を開始した「ZIA™ C3 KIT」の、最新のバージョン7.1をリリースすることをご案内します。 ZIA™ C3は、低消費電力かつ高性能なAI推論処理に特化したFPGA AIモジュールです。ファクトリーオートメーション、物流における自立ロボットや農機、建機といった産業車両の自動運転、防犯、小売り、発電、医療などでのリアルタイムなデータ解析といった幅広い分野において、エッジAIシステムを短期間で...

    詳しくはこちら
  • 2018年11月6日
    DMP、PALTEKをエッジAI FPGAモジュール「ZIA™ C3」の 販売パートナーに認定

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役社長CEO:山本達夫、証券コード:3652、以下DMP)は、国内外の半導体製品の販売、及びFPGAを含むハードウエア、ソフトウエアの受託設計・開発支援等を行う半導体商社の株式会社PALTEK(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:矢吹尚秀、証券コード:7587)と販売代理店契約を締結し、PALTEKがDMPのエッジAI FPGAモジュール「ZIA™ C3」をお客様に提供開始することをお知らせいたします。 現在、AIはディープラーニングの活用で、画像...

    詳しくはこちら
  • 2018年10月16日
    UKC製カメラモニタリングシステムに、DMPのAIプロセッサーが採用

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山本達夫、以下 DMP)は、株式会社UKCホールディングス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:栗田伸樹、以下UKC)のカメラモニタリングシステムに、DMPの高性能AIプロセッサー「ZIA™ DV500」が採用されたことを発表します。 今回採用されたDMPのAIプロセッサー「ZIA™ DV500」は、ソニー製イメージセンサーを搭載したUKCのカメラモニタリングシステムにて、車、歩行者、走行道路などのAI認識機能を担います。DV500は、FP16(16ビット...

    詳しくはこちら
  • 2018年9月19日
    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル、株式会社マクニカ、株式会社クロスコンパス、製造業向け人工知能の生成からエッジAI 実装までの統合環境で技術提携

    GPU、AI技術を中心としたIPライセンス、SoC/モジュール販売、および開発委託サービスを手掛ける株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山本 達夫、以下DMP)と、半導体やネットワーク機器の輸入、販売、開発を手掛ける株式会社マクニカ(本社所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中島 潔、以下マクニカ、)、並びにディープラーニング技術を提供し、AI開発支援・AI プラットフォーム運営を手掛けるベンチャー企業・株式会社クロスコンパス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:...

    詳しくはこちら
  • 2018年9月18日
    エッジAI FPGAモジュール「ZIA™ C2」と「ZIA™ C3」を販売開始

    ~ 産業用IoTのエッジAI化を加速 ~ 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山本達夫、以下 DMP)は、自社開発した高性能な組込機器向けAI FPGAモジュール「ZIA™ C2」と「ZIA™ C3」を2018年9月18日より販売開始します。 DMPのAI FPGAモジュールは、コンパクトで低消費電力かつ高性能なAI推論処理を完成されたモジュールで提供することで、ファクトリーオートメーション、物流における自立ロボットや農機、建機といった産業車両の自動運転、防犯、小売り、発電、医療などで...

    詳しくはこちら
  • 2018年8月30日
    DMPとPALTEKがザイリンクス社のFPGAを活用した エッジAIソリューションで協業

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山本達夫、証券コード:3652、以下DMP)は、株式会社PALTEK(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:矢吹尚秀、証券コード:7587、以下PALTEK)とザイリンクス社のFPGAを活用したエッジAIソリューションの協業で合意しました。 現在、AIはディープラーニングの活用で、画像認識、音声・言語認識、ロボットなどの運動の習熟など実用的に応用できる範囲が拡大しています。具体的には、昨今のIoTの進展などを背景に、自動運転、金融、製造業などに...

    詳しくはこちら
  • 2018年4月25日
    AIプロセッサー「ZIA™DV500」の提供を開始

    ~ 産業機器や車載機器のエッジAIの実用化を加速 ~ 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山本達夫、以下 DMP)は、エッジ(*1)側におけるディープラーニング(*2)/AI(Artificial Intelligence:人工知能)の推論処理に特化したAIプロセッサーIP製品「ZIA™(ジア) DV500」の提供を開始したことをお知らせします。 DV500は、ディープラーニングの推論処理に特化した、DMPエッジAI処理向け超低消費電力プロセッサーIP「ZIA™DV700」に続きDVプロセッサーIPシリーズの第二弾と...

    詳しくはこちら
  • 2018年4月17日
    ディジタルメディアプロフェッショナル、ACCESSとIoT・エッジコンピューティング技術のAI化で協業

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山本達夫、以下 DMP)と、株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大石清恭、以下ACCESS)は、IoT・エッジコンピューティング向けのAI技術の適用に向けて協業することで合意しました。 昨今、IoTが普及していく中で、センサーやカメラから生成される膨大なデータを収集・蓄積・分析し、実ビジネスに活用する動きがあらゆる産業に広がっています。また、増え続けるデータ処理のキーテクノロジーとして機械学習を中核としたAI・...

    詳しくはこちら
  • 2017年11月30日
    ディジタルメディアプロフェッショナル、マクニカ アルティマカンパニー、モルフォとインテル® FPGA を使用したAI(人工知能)/ディープラーニング(深層学習)技術で提携

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山本達夫、以下 DMP)と、半導体やネットワーク機器の輸入、販売、開発を手がける株式会社マクニカ(本社所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中島 潔、以下マクニカ、)アルティマ カンパニー並びに、画像処理技術の研究開発及び製品開発ならびにライセンシングを手掛ける株式会社モルフォ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平賀 督基、以下モルフォ)は、インテル® FPGA を使用したAI(人工知能)/ディープラーニング(深層学習...

    詳しくはこちら
PAGE TOP