(株)ディジタルメディアプロフェッショナル

お知らせ・リリース

お知らせ・リリース / 新着記事

  • 2009年07月03日
    DMPと(株)イーソルエンベックス、厚労省の助成金を活用した組込み3Dグラフィックス技術者向け研修で協業

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社:東京都武蔵野市、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP) と株式会社イーソル エンベックス (本社:東京都中野区、代表取締役CEO 大橋憲司、以下イーソルエンベックス) は、組込み3Dグラフィックス技術者の確保・養成に取組む企業向けに、厚生労働省のキャリア形成促進助成金を活用した研修ソリューションの提供を開始します。
    両社は、2009年7月21日(火)および7月27日(月)に、本研修ソリューションについての説明会を開催致します。

    携帯電話、アミューズメント機、ゲーム機、カーエレクトロニクス、デジタル家電、医療機器、航空宇宙関連機器、デジタルサイネージ機器などの組込み機器に搭載されるグラフィックス表示機能の高性能化・高精細化のニーズが高まる中、GUI (Graphical User Interface) の構築など組込みグラフィックス・アプリケーションのプログラム規模は拡大し、ソフトウエアの基本設計から、クロノス・グループが仕様策定する組込み機器向け業界標準3DグラフィックスAPIであるOpenGL® ESの詳細、そしてテスティング技法まで、品質を高めるための広範囲な開発スキルの習熟がシステム開発現場では必要不可欠なものとなっています。また、製品開発期間の短縮化や開発リソースが不足する状況の中、新入社員の早期戦力化を実現するために、実践的な研修を短期間かつ低コストで施す事が急務となっています。本研修ソリューションはこれらの課題を解決するために開発されました。

    今回提供するのは、組込み3Dグラフィックス技術者のスキルアップを目的にした「組込み3D技術者スキルアップ講座」および、2010年4月に組込み3Dグラフィックス関連の技術者を採用する企業向けの「組込み3D技術者新入社員研修コース」の2つの研修ソリューションです。

PAGE TOP